PROJECT REPORT

事業レポート

起業家クラブ(Online teens 起業塾アドバンス)(令和3年)

  • 実施日:令和3年11月20日
  • 参加人数:人

起業家クラブ(Online teens 起業塾アドバンス)@太田市産業支援センター

令和3年8月7日(土)~11月20日(土)に開催された、起業家クラブ(Online teens 起業塾アドバンス)をレポートします。

【身近な社会課題を一緒に解決!】

今回、Online teens 起業塾アドバンスとして開催された『起業家倶楽部』
全6回の講座を通して、身近な社会課題に気づき、さまざまな起業家の方のお話を聞きながら問題解決に
導いていく講座を実施しました。名前からして「難しそう・・・」と思いがちですが、そんなことはありません。
なんといっても解決するのは、「身近な問題」なんです!

「お母さんが〇〇で困っている」「近所のお店が〇〇で大変そう」など、身の回りにあるテーマを題材にしていきます。

【ICTって???】

課題を解決するには、「何らかの力」が必要です。今ではICT技術が発達し、それを利用して様々なことができるようになりました。
そんなICT技術が使えれば・・・でも、『ICT』ってそもそもなんだろう?
初回は参加者全員が集合し、世の中の課題に気づいてもらうこと、そして、ICTでこんなことできるんだということを知ってもらいました。
体験してもらったのは、『どこでもドア』ならぬ『アバターイン』というシステム。
自分が遠隔地のロボットを操作することにより、その土地の風景などをみたり、周囲の人と会話したり『瞬間移動』ができちゃうシステムなんです。
パソコン上のキーを操作すると、なんとロボットが自分の思い通りに動きます!
みんなで瞬間移動し、ICT技術のすごさを体験してもらいました。

【起業家の話を聞こう】

2回目以降の講座は、毎回起業家の方をゲストとしてお呼びし、自ら起業したときのお話などをお伺いしました。
起業のポイントはなんといっても『問題に気づくこと』
様々なお話を伺い、どんなことでも疑問を持つことや、とにかくやってみることなど様々な発見がありました。
お話をお伺いするのと同時に、自分が取り組む問題解決のテーマも決めていきました。
私が面白いと感じたのは

「お母さんが仕事から帰ってご飯を作ると、時間がかかってお腹がすいてしまう」

とーーーーーーっても身近な大問題です!

これらのテーマをあげ、スタッフたちと一緒に課題解決するためには何が必要か、手順を教えてもらいながら考えていきました。
プレゼン資料もしっかり作り上げ、起業家の方たちにもレビューしてもらいました。

【Youtubeで生放送!!!】

最終講座はなんと、Youtube上で自分の考えた問題解決法を発表しちゃおう!というものでした。
それぞれが考え抜いたアイディアを資料として作りこみいよいよ本番。準備をしながらその時を待ちます・・・・。


みんな発表が始まると、緊張していることも忘れ一生懸命自分たちのアイディアを説明してくれました!
なかには、そのアイディアを形にし、自主的に制作してきてくれた仲間もいました。
ソーシャルディスタンスを保つために、距離が近づいたらLEDでお知らせしてくれるバッグ・・・・・すごい!

YOUTUBEでの発表会の様子はこちらから是非ご覧ください!