PROJECT REPORT

事業レポート

ロボットプログラミング(プログラミング連続講座)

  • 実施日:令和2年10月30日
  • 参加人数:25人

ロボットプログラミング講座@太田市産業支援センター

10月30日に実施された、プログラミング連続講座のロボットプログラミング講座をレポートします。

ロボットプログラミング講座は、プログラミング連続講座のプレ講座として、基本的なプログラミングの仕方や、ロボットがどのように動くかを感じてもらうための講座です。LEGO Mindstorms EV3というものを使いました。

【プログラムってどんなもの?】

まずは、先生の話を聞いて、そもそもプログラムってどんなものなのか?どういう手順でロボットに教えるのか?を勉強していきます。簡単な言葉で分かりやすく教えてくれるので、はじめてでも安心です!

【プログラムを送って、LEDを光らせてみよう】

はじめに、ロボットについているLEDランプを光らせてみます。プログラムの中の数字を変えたりすると光る長さが変わったり、消したりするともできます。簡単な動きから、プログラムの組み方、ロボットへの転送の仕方を勉強します。

プログラムはこんな画面で組んでいきます。呪文のような言葉が並ぶのではなく、パズルを組み立てる感覚でプログラムが組めます!

【実際に動かしてみよう】

このロボットがどのようにして動くのか、各部分を一つずつ動かしてみました。ロボットには様々なモーターがついていて前に動かしたり、回転させたり、左右のモーターの強弱によってどんな動きをするのか体感することができます。

自分のテーブルで確認出来たら、広いテーブルで動かしてみます。ちゃんと動くかな・・・・。

実際の動画はこちらをクリック!

大学生のお兄さんたちが、一人ひとり丁寧にサポートしてくれます!
プログラムを組み立てるときには「トライアル・アンド・エラー」がとても重要です!ロボットを実際に動かすことで、どんな時にうまくいったのか?こういう時に変な動きになっちゃった・・・。などを確認することができ、どのようにしたらそれをクリアできるかという問題解決力が身につきます。